ヒップダンスのコツは...


リアルな韓国を知るならKBS!

KARA直伝、あの有名なヒップダンスのコツですビックリマーク


o0179025010712058357.jpg


[引用:   産経ニュース]
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/100821/msc1008210701000-n1.htm

11日に日本デビューした韓国の女性5人グループ「KARA」が日本で人気を博している。同日発売のシングル「ミスター」は23日付のオリコン週間シングルランキングで初登場5位にランクイン。9月29日にはベストアルバムを発売予定で、さらに活躍の場が広がりそうだ。そんなKARAが、セクシーに腰を動かす振り付け「ヒップダンス」のコツや、芸能活動の本音を語った。

カラオケで踊ったらウケるかなDASH!

「フィーリングが大事」

 --ヒップダンスはどれぐらい練習をしましたか

ニコル「毎日練習はしていましたが、不思議なことに、このヒップダンスは練習をしすぎるとぎこちなくなってしまうのです。お互いのフィーリングを大事にして合わせていくというのが役に立ちました」

なるほどなるほど。ニコルが言うなら説得力がありますね音譜

 --ダンスのコツは?

ジヨン「音楽に体をあずける」

ギュリ「音楽にはビートというものがあるので。韓国ではもう何度もこの曲を踊っています」

 --ヒップダンスを踊る「ミスター」で日本デビューを果たしました

ギュリ「あるステージで、『ミスター』を歌って踊ったところ、シングルカットされている曲より、『ミスター』の方が反響が大きかったんです。私たちも予想に反した活動を展開することになったわけですけれども、韓国でもヒップダンスのようなダンスは珍しかったので、とても独特なものとして受け入れられたのかと思います」

Wannaのことですかね?Wannaもいい曲だけど、ミスターをはじめてみたときの衝撃は忘れられません!!

「日本のアニメが好き」

 --11日に日本デビューを果たしました

ギュリ「思ったより多くの日本の皆さんに声援を送っていただいているので、その声援にこたえられるように、頑張って日本語を勉強してやっていきたいと思います」

 --どういうふうに日本語の勉強をしていますか

ギュリ「日本のドラマを見ながら」

 --日本デビューをすると聞いたときの心境は?

スンヨン「信じられませんでした。夢みたいな感じ。できるかなと心配して、日本語の勉強を一生懸命して...。初めてのショーケースライブのチケットがソールドアウトになってびっくりしました」

--日本デビューが決まってから日本語の勉強を始めましたか?

ギュリ「正式に勉強を始めたのは、そのときからですけれども、その前から日本に関心を持っているメンバーもいました。日本語を知っていたメンバーもいます」

誰だろはてなマーク

 --関心があったメンバーは誰ですか?

ギュリ「歌や歌手に対する関心は以前からメンバー全員が持っていたのですが、日本語に対してもデビュー前から関心を持っていたのは、私とスンヨンです」

スンヨン日本語上手だもんね音譜
このDVDで、ジヨンがスンヨンの日本語ほめた後、しまった!!って感じで、
ギュリの日本語も・・上手。ってフォローしていたのは、こうゆう理由があったんですね( ̄▽+ ̄*)


MBC DVD COLLECTION:KARA-SWEET MUSE GALLERY/KARA

KPOPフル探すなら
満足度充実のココ


 --スンヨンさんもドラマを見て勉強したのですか

スンヨン「高校生のときから日本のアニメーションとか、ドラマが大好きで、毎日たくさん見たら、日本語が少しずつできるようになりました。日本の文化にとても興味を持っています」

どんなアニメ見てたのかな??

 --日本のアニメのどういう部分が好きですか

スンヨン「スケールが大きいところ」

 --KARAのファッションも人気を集めています

ギュリ「芸能人という職業は多くの人に見られる職業なので、ファッションだけでなく、行動も模範になれるように努力をしています。KARAは10代から20代までのさまざまな年齢構成のグループなので、それぞれの魅力を皆さんに知っていただけるように努めています」

KARAのカジュアルな感じはほんとかわいいラブラブ

「いつも一緒」

 --今後の意気込みを

ハラ「韓国でデビューするときも緊張したんですけれど、日本でデビューすることになって、今もドキドキしています。日本でも一生懸命活動して頑張っていきたいと思います」

スンヨン「KARAでデビューしてから時間が経ちましたが、心残りなこともあったんですね。日本でもう1度スタートをする機会が与えられたのはとても良い機会だと思っていますし、日本の多くの方に知っていただいて愛していただきたいと思っています。日本のファンの方に頻繁にお会いできるようにこれからも頑張っていきたいと思います」

続きは、引用元でご覧になってくださいねアップ
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/100821/msc1008210701000-n1.htm

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年8月25日

KARALIN☆ (15:09) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:KARA 情報

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kara-news.net/mt/mt-tb.cgi/65

コメントする




« KARAの子供時代 | ホーム | KARA「しゃべくり007」で芸人たちと日韓ヒップバトル☆ »

Twitter

このページの先頭へ