KARA3人が提訴へ...「月に1万円」Vs事務所「事実わい曲」|月に1万円って??


事務所はやっぱり収益を配分してなかったんですかね??

【参考:サーチナ】
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0214&f=entertainment_0214_037.shtml


分裂騒動で一時和解ムードを見せていたKARAの3人が14日、所属事務所を相手取り、専属契約の無効を求める訴訟を起こした。「不当な収益配分だ」と主張する3人に対し、事務所側は「事実のわい曲」としており、法廷争いは必至となった。

安心しちゃってたからショックが大きいです。。

1月19日の契約解除宣言から8日後の27日、3人側と所属事務所のDSPメディアは5人で活動を続けることに合意、話し合いを継続すると発表した。2月3日にはドラマ撮影のために日本での活動を再開したが、日本から一時帰国をした翌日に法廷争いに発展した。

3人の弁護人は、ソウル中央地裁に「正当な収益の配分を受けられなかった」とし、DSPを相手取り専属契約の無効を求めて提訴した。事務所から適切なサポートをうけられず、さらにメンバーには6カ月で86万ウォン(約6万4000円)しか支給されなかったとして「不当な収益配分だ」と異議を訴えた。

事実だとしたらありえない数字ですね汗


これに対して、DSPメディアは報道資料を発表し「契約騒動以来、円満な解決を目指し努力してきた」、「突然の提訴に当惑している」との立場を表明、訴状の内容を把握してから適切に対応したい考えを示した。

韓国世論は収益の配分に関する両者の相反する主張に関心が集まっている。DSPメディアは収益配分についての3人側の主張は「一方的で事実のわい曲」、「具体的な内容は訴訟で明らかになる」と、真っ向から否定した。

メディアは「KARA3人、1つの屋根に2つの家族を選択...解散の手順か」、「KARA事態、解散説?」、「KARA、日本での活動を終えると解散か」などと報じており、グループの存続が難しいとの見解が多い。

なぜギュリとハラは訴訟に加わらないのか?
ホントに収益配分は月1万しかなかったのか?
早く解決してほしいですねあせる


ジェットコースターラブ(初回限定盤)(DVD付)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年2月15日

KARALIN☆ (02:00) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:KARA 情報

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kara-news.net/mt/mt-tb.cgi/416

コメントする




« KARA、日本デビュー以来初のオリコン1位|落ち着くためにポジティブな記事を。。 | ホーム | 《速報》KARA、事実上の"解散"か!?|もうちょっとさすがに厳しいかもしれません。 »

Twitter

このページの先頭へ